妄想駄文☆閲覧注意!
プロフィール

しーみあ

Author:しーみあ
19XX年生まれ。
「若い」というカテゴリには分類されなくなってきたお年頃。

好きなもの:

 酒 美味しい食事 漫画 小説 映画 60s~90s洋楽  RPG 

かなりの漫画好き。主に青年誌中心に読み漁っていたけれど、最近プラトニックな少女マンガにハマる。回帰願望か?!

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター

最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

LINK

当サイトのバナーです。スキビサイト様に限りリンクフリーです。

MANIACAL☆CANDY ≪SBサイト様≫KOKO 花とゆめサーチ スキビ☆ランキング

このブログをリンクに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 俺の担当俳優『敦賀蓮』は、このところすこぶる機嫌が良い。
 
 何故なら・・・・・ずっと想っていた相手と、ついに『ゴールイン』するからだ。
 電撃婚約発表から一週間。
 未だに『敦賀蓮』と『京子』に関する記事は、芸能誌を賑わせている。
 
 楽屋に誰かが置き忘れた週刊誌。そこにも当日の婚約発表会見の様子が詳細に載っていた。それを眺めながらため息をつく。
 いや、もちろん、俺も嬉しいんだけど。
 今までさんざん、キョーコちゃんに合わせた蓮のスケジュールを組むよう脅されたりしてたから、それから開放されると想うと、安堵のため息が出るんだけれど。
 このため息はそれだけじゃないんだ・・・・・・・・。

 「社さん、おまたせしました。行きましょう」

 コンコン、というノックの音と共に、俺の担当俳優が顔を出す。
 24歳。まだまだ年齢的には若い部類に入るのに、落ち着き度がアップしたせいか、風格は完全に「大物俳優」である。


 「あれ、その記事」
 「ああ、蓮とキョーコちゃんのこと載ってるよ」

 軽いため息と共に雑誌をテーブルに戻す。

 「・・・・何か?」

 俺の顔があまり明るくないことに気づいた蓮が訊ねてきた。・・・・これは言うチャンスかもしれないな。

 「いや・・・・。二人の恋愛ごとに口を挟む権利はないんだけどさ。これでいいのかなって」
 「・・・・・どういう意味です?」
 「蓮、お前がキョーコちゃんと正式に『お付き合い』を始めたのは何月だ?」
 「4月ですね」
 「で、婚約発表は?」
 「見てのとおり、5月ですよ」
 「一ヶ月足らず、だよな?」
 「はい。それが?」
 「~~~~。いや、いいんだよ。俺は、蓮がキョーコちゃんに対して想ってきた日々を知っているからな。約4年か?よく我慢したと思う。ただ、キョーコちゃんの方はどうなのかなって」
 「・・・・・・・・・・・・・」

 表情が若干曇る。ああ、やっぱりな。

 「傍から見てて、キョーコちゃんも蓮のことが好きなのはわかっていたけど。でもあの天然記念物なキョーコちゃんのことだ。いわゆる「お付き合い」を始めて1ヶ月もたたないうちに婚約発表って・・・。心の準備とかできてるのか?」
 「・・・・・ちゃんと彼女と話し合って出した結果ですよ?」
 「いや、そりゃそうだろうけど。お前のことだから、色々外堀固めて、イエスとしか言えないような状況作って迫ったんじゃないかと」
 「なんですかそれは。そんなわけないですよ」

 
 ははは、と乾いた笑いで返す目の前の男。それは肯定の意ととるぞ、俺は。


 「ズバリ言おう!お前はまだ、キョーコちゃんと最後までしてないだろう!!!」
 
 「!!」

 「そして、あのキョーコちゃんのことだ!『結婚前の男女がこーいうことするなんて破廉恥です!』とかなんとか言われたんだろう!!」
 
 「!!!!」
 
 「それなら『結婚すれば問題ないんだね?(キュラレスト)』とかなんとか言って、半ば強引に今回の婚約発表に至った!!!どうだ、間違ってないだろう!!!!!」


  びしい!と人差し指を突きつけてみれば。

 
 「・・・・・・さすが、俺の敏腕マネージャーですね」
 苦笑交じりに肯定する、俺の担当俳優。
 

 うーん。抱かれたい芸能人ナンバー1の俳優がこんな情けない顔してるなんて・・・・。うちの事務所のトップシークレットだよ、ホント。

 「まあ、俺も男だ、気持ちは痛いほどわかるよ。でもさ、こういうのって、焦ったらうまくいくものも、うまくいかなくなるんじゃないかと思ってな。おにーさんとしては心配なわけだ」
 「そうですね・・・・・」
 
 しゅん、とうなだれる目の前の男。こういうときだけは、ああ、やっぱり年下なんだなあ、と思える。
 好きなコに無意識に意地悪をしてしまい、その自覚すらなかった4年前。当時の恋愛レベルが小学生並みだとすると、4年後の今は、ようやく中学生レベル、といったところか・・・?いずれにせよ、相手が「あの」キョーコちゃんだから仕方がないといえばそうなんだが。

 「まあ、発表してしまったわけだし。これからは、色々キョーコちゃんの動向に気を配って、うまく結婚までもっていくしかない、か。なんかあったら言えよ?こう見えて29歳相当の恋愛経験は積んできてるからな!」
 「はい、その時はよろしくお願いします」

 極上スマイルで微笑み返す、目の前の男。
 心配だけど、まあ蓮だし大丈夫だろう、なんて思っていたんだ。
 
 


しかし、俺はこのとき、よりによって重要最事項を軽んじていた。
 相手はあの、奇想天外発想の超天然記念物・キョーコちゃんだってことに。












蓮キョはじめました。ぺこり。
今やってる「AISURU~」が、まだまだ終わりそうにないので、軽くSSでも、と思って書き始めたのですが・・・・。ああ、私ってSSの才能ない。長くなりそうな予感です(涙)。
蓮キョって、素敵サイト様の素敵創作がいっぱいあるので、私的にネタがあまり思いつかない。そして、思いついたとしても、なぜか蓮キョの場合は須らく18禁的なものに(笑)。恐るべし「敦賀蓮と書いて夜王と読む男」!タイトルが「AISURU~」と似てますが、繋がってはいないです。たぶん。きっと。


スポンサーサイト
<< 予約しちまったぃ。 // ホーム // AISURU KIMOTI 9 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maniacalcandy.blog40.fc2.com/tb.php/14-7275f724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。