妄想駄文☆閲覧注意!
プロフィール

しーみあ

Author:しーみあ
19XX年生まれ。
「若い」というカテゴリには分類されなくなってきたお年頃。

好きなもの:

 酒 美味しい食事 漫画 小説 映画 60s~90s洋楽  RPG 

かなりの漫画好き。主に青年誌中心に読み漁っていたけれど、最近プラトニックな少女マンガにハマる。回帰願望か?!

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター

最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

LINK

当サイトのバナーです。スキビサイト様に限りリンクフリーです。

MANIACAL☆CANDY ≪SBサイト様≫KOKO 花とゆめサーチ スキビ☆ランキング

このブログをリンクに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日に日に、苦しさが増す。
この苦しさは、何だ?

いや、自分で、気づいてる。

キョーコに対する罪悪感。
過去の自分に対する嫌悪感。
そして、キョーコにまとわりついている、「ヤツ」に対する焦燥感。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



『今日のゲストは「京子」さんでーーす!』

司会の紹介とともに、スタジオ内に響きわたる歓声。
セットの扉が開き、「京子」が笑顔を振りまきながら、中央に出てきた。

キョーコが主演しているドラマ「Love is....」は平均視聴率20%をはじき出していた。
ドラマはクライマックスを迎え、CMはひっきりなしに流れ、番宣は連日のように行われているので、女優「京子」をテレビで見ない日はなかった。

 久しぶりに見るキョーコ。
 テレビ画面に映るキョーコは、キレイだった。
 艶のある茶色い髪は肩まであり、顔が動くたびサラサラと揺れる。
 淡い桃色のワンピースは、華奢なボディラインを可愛らしく彩って。
 
 実際に会うことはほとんどない、オレとキョーコ。
 テレビを通して、その姿を見るのが、毎日の楽しみになっていた。

『京子さんは、ドラマでは高校生役ですが・・・ご自身も、もうすぐ高校卒業ですよね?』
『あっ、ハイ・・・そうなんです』
『確か京子さんは19歳ですよね・・・?』
『ええ、女優を目指して上京して、高校に行かずに俳優養成所に入って・・・でも、事務所の社長さんのご厚意で、やっぱり高校に通うことになって。おかげさまで、3年で卒業できることになりました』
『ははあー やっぱり実力派俳優と呼ばれる京子さんだけあるエピソードですね!中学卒業ですぐ女優さんを目指して
いらっしゃったなんて・・・!』

 ドラマの番宣でのトーク。
 
 いらねーことを聞きやがって!

 年齢なんてわざわざ聞くなんてばかじゃねーのあの司会!!!

 質問の内容が、キョーコ自身の高校卒業の話題になり。
 キョーコが一浪状態で卒業する原因を作ったのは自分であるので、耳の痛い話だった。

 女優「京子」が高校を一浪状態になっている原因・・・もちろん本当の理由は伏せられている。
 「俳優を目指していて養成所に入ったせい」というのは、他の番組でもきいたことがあったので、おそらく、事務所主導でそういう後付理由が作られているのだろう。
 今や19歳にして実力派女優の仲間入りをしている『京子』にとっても、都合の良い理由だった。

 
 尚は、去年高校を卒業している。
 卒業後、本格的に仕事オンリーになった生活。
 今は、日本に留まらず、アジアツアーを開催し、そのすべてが即日ソールドアウト。
 19歳にしてアジアに不破尚あり、という状態は、芸能界での成功をおさめた、と言っても過言ではないだろう。


 しかし、尚の心は満たされていなかった。

 



 その理由は・・・もちろん。

 テレビ画面に映る、その人。

 女優『京子』




 オレの、おさななじみ・・・・・・・「キョーコ」。







 「尚ー。そろそろ出番よ!」

 がちゃ、と楽屋のドアを開けて、マネージャーの祥子が顔をのぞかせた。

 「おう」

 テレビでは、女優『京子』が番組内でのクイズに参加している。
 
 「あら、キョーコちゃんじゃない。・・・・また一段とキレイになったわねえー。人気あるのもうなずけるわ。」

 意味ありげにチラッと担当歌手の顔を見れば。

 ふっ。と口角を上げて笑う男。

 「そうだな」

 「あら、素直な反応ね・・・・」

 ゆっくりとリモコンを持ち、画面に向ける。名残惜しそうに、ゆっくりと・・・・電源ボタンを押す。
  
 
『京子』の顔が画面アップになったところで、画面はブチッという音と共に消えた。


 「そういえば、この雑誌で、キョーコちゃん、カノジョにしたい芸能人3位にランクインしてたわよー!やっぱり
ドラマも主演やりだすと違うわねえー」

 そう言いながら、鞄からすこしはみ出ている雑誌を指差す。

 尚の視線は、暗くなったテレビ画面に向けられたまま。


 「そうそう、ショーは2位だったわよ!抱かれたい芸能人ランキング。オメデト」

 ぴくっと反応し、視線だけを祥子に移す。

「・・・・・・・・めでたくねえよ。んなの、2年くらい前からだろ。それに・・・・・・・・・1位はどうせ変わってねーだろ」

 
「いわずもがな、ね」

 「へ!」

 
 ガタン!と、目の前にあったローテーブルを蹴るように、ソファーから勢いよく立つと、そのまま楽屋を後にした。


 祥子は尚の出て行った楽屋のドアを見つめ、そして自らの鞄に入っていた雑誌に目をやる。


 抱かれたい芸能人ランキング。

 1位 敦賀蓮
 2位 不破尚

 カノジョにしたい芸能人ランキング。

 3位 京子

 
 数年前より、トップに君臨する実力派俳優。
 人気急上昇中の若手実力派女優。
 
 そして、アジアを代表するカリスマシンガーに成長した、あの子。


 こんなビックネームの3人の関係が、いわゆる「トライアングル」だなんて・・・
 マスコミにバレたら、ワイドショー総なめ必須よね。

 頭をよぎった思いに、ふっ、と笑みをもらし、鞄から車のキーを取り出すと、「ちょっとまってよ尚ー」と、小走りに楽屋を後にした。




 つづく。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
言い訳コーナー。


後悔して、悶々とキョーコを想う尚に萌える管理人。
そんな妄想がいっぱい詰まったssが、スタートしてしまいました。
暖かく見守ってやってくださいませ・・・。
 

 
 

 
 

 
 

 

スポンサーサイト
<< AISURU KIMOTI 2 // ホーム //

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maniacalcandy.blog40.fc2.com/tb.php/2-50489874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。