妄想駄文☆閲覧注意!
プロフィール

しーみあ

Author:しーみあ
19XX年生まれ。
「若い」というカテゴリには分類されなくなってきたお年頃。

好きなもの:

 酒 美味しい食事 漫画 小説 映画 60s~90s洋楽  RPG 

かなりの漫画好き。主に青年誌中心に読み漁っていたけれど、最近プラトニックな少女マンガにハマる。回帰願望か?!

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター

最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

LINK

当サイトのバナーです。スキビサイト様に限りリンクフリーです。

MANIACAL☆CANDY ≪SBサイト様≫KOKO 花とゆめサーチ スキビ☆ランキング

このブログをリンクに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 話がある、と言われて、半ば有無を言わさずテレビ局の駐車場に引っ張ってこられ。
 ジャガーの助手席に押し込められて。
 車を走らせること30分。
 着いたのは、閑静な住宅街の一角にある西洋の白い洋館風のレストランカフェだった。

 開放感はあるけれど、各座席は個室風になっていて、芸能人御用達の店なのだと、ショーが言った。
 
 これから学校なのに!と憤っていたけれど、私の好みのストライクゾーンなカフェに連れてこられて・・・・。
 もうここまで来たんだし、せっかくのオシャレなカフェの雰囲気を壊すのも野暮よね、と思い直して、ヤツの話を聞くことにした。

 「コーヒーと、アフタヌーンティーセット」

 注文を聞きにきたウエイターに、間髪いれずそう答えるショータロー。

 「ちょっと!私にも選ばせなさいよ!」

 「うっせーな。時間ねーんだろ?オレのチョイスに間違いはねーんだよ!」
 
 そうなのだ。ここをあと30分くらいで出ないと、最後の授業には間に合わない。
 ああ、なんであのとき、「少しくらいなら」って応えちゃったんだろ。
 最近は卒業間近だし、授業に遅れたくないから、余裕をもったスケジュールにしていたのが仇になったかしら。

 「・・・・・・最近仕事、どうだ?」
 「・・・はあ?なによ、それ言いたくてわざわざ呼び出したわけ?」
 「相変わらず可愛くねーなー。話の取っ掛かりの決まり文句だろーが」
 「アンタに仕事のことを心配される筋合いはないわよ」

 いつもの調子でギャーギャーやっていると、ウエイターが注文した品を持ってきた。
 コーヒーと・・・・・

 「きゃあーーーー なにこれーーーーっ」
 ショータローが勝手に注文した品は・・・

 またもや、私の好みの、直球ストライク!ど真ん中!
 ベルサイユ宮殿でアントワネットが使用していたんじゃないかと思われるくらいの、ゴージャスなアンティークのティーセットに、お皿が三段重ねになっていて、小さなパンとプチケーキとフルーツが、可愛らしく盛られていた。こちらもアントワネットに相応しい感じのプリティ・ゴージャス感。

 「どうだよ、文句あったかよ?」

 「・・・・・・・ない」

 ショータローがしてやったり、といった顔で私を覗き込んできたので、すっかりベルサイユ宮殿にトリップしていた自分を呼び戻し、平常モードの顔を急いで作った。

 「オマエ、メシ食ってないだろ。早く食えよ」
 「え・・・ あ、うん。せっかくだからいただくわ」

 どうして私が食べてないこと知っているんだろう?まあいいわ。せっかくのアントワネットのアフタヌーンティー(今、命名)ですものね!いただかずしては帰れないわ!

 「きゃーーーーーー おいしいぃぃぃぃぃ~~~ あっ!こっちのケーキもーーーー」

 しばらく食べることに夢中になっていたら。

 「オマエ、ほんとかわんねーな、そういうトコだけは」
 
 ショーの言葉が降ってきた。

 な、なによ。その目。
 目ぇ細めて微笑んじゃって。
 ここ最近、たまにそういう顔するわよね、アンタ。
 なにを企んでいる顔なのよ?それは。
 
 アンタとは(不本意ながら)長い付き合いだけど。
 実は機嫌が悪いとか、お腹痛いとか、笑いをこらえてるとか、ちょっとの表情も全部わかるけど!
 
 あたしの記憶に、その表情(かお)のデータは、ないわよっ!!!

 なによ!それっ!


 きゅう、と喉が鳴って。
 さっきまで美味しく頂いていたケーキの味が・・・急に、しなくなった。
 
 目の前に座っているのは、たしかに「ヤツ」なのに。
 私が16歳まで、大好きで、尽くして。そして私を捨てて。
 生涯かけて復讐を誓った、「おさななじみ」の不破尚、本人に違いないのに。

 どうして?
 私の知っている、ショータローじゃない気がする。

 

 



 そんな風に、慈しむようなな顔で、私を見るアンタなんて知らない。


 




 違和感に飲み込まれ、急に落ち着きがなくなった私に気づいたのか、ショータローが話し始めた。

 「こうやって呼び出したのはさ、言っておきてーことあったからなんだけどさ」

 「・・・・なによ?」

 


 暫く、視線はテーブルの上を彷徨っていたけれど、やがてまっすぐに私を見据えて。

 




 「・・・・・高校のこと。もうすぐ卒業なんだってな。オレが言えた義理じゃねーけど。おめでとう」

 
 ちょっとバツが悪そうに、はにかんだ。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アフタヌーンティーはどっちかってーとフランスよりイギリスですよね(汗)
読み返してやや違和感(滝汗)
まあ、とっさにキョコたんが思いついた、そのままってことで。ペコリ。
スポンサーサイト
<< サイト開設~4・30までのお礼です♪ // ホーム // AISURU KIMOTI 2 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://maniacalcandy.blog40.fc2.com/tb.php/4-873cb298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。